ヴィラデストワイナリー

ヴィラデストワイナリーは、長野県東御(とうみ)市の標高850mの丘の上で、東御市初のワイナリーとして2003年から醸造を開始しました。千曲川の流れに沿うこの地域は日本有数の少雨地帯で、日照時間が長く、昼夜の寒暖差が大きいという、ブドウ栽培における利点に恵まれています。近年は、この地域に自分でワイン用ブドウを育て、将来はワイナリーをつくりたいという人たちが多く集まり、「千曲川ワインバレー」として活気づいています。手入れの行き届いた畑で丁寧に育てたブドウから生まれるワインを、ぜひお楽しみください。

wine