ベルウッドヴィンヤードワイナリー

代表の鈴木(BELLWOOD)が栽培から醸造・販売までを一貫体制で行うガレージワイナリーの創業を決意し、山形県上山市で耕作放棄地に欧州系ブドウを植樹、また隣接するデラウエア畑を引継ぎ、2017年にベルウッドヴィンヤードはスタート。その後委託醸造期間を経て、2020年春に醸造所が完成、同年6月に酒類製造免許を取得し、同年9月から自社醸造を開始。土地や収穫年の個性を表現するワイン造りを目指し、少量生産で多種多様なワインを造っています。

wine