MENU

大塚里香の炎上原因3選!松本人志を実名告発&キラキラ生活が理由?!

スポンサーリンク

大塚里香さんが松本人志さんから性加害を受けたと実名告発して「売名行為だ!」と炎上しています💦

勇気ある告発だと思うのですが、なぜ大塚里香さんが炎上しているのか?

ネットで調べてみたら、3つの原因が浮かび上がってきました。

ここでは大塚里香さんが受けた性被害の内容と炎上している原因を説明します。

スポンサーリンク

目次

スポンサーリンク

大塚里香の松本人志による性被害とは?

大塚里香さんの炎上の原因は、若い時に松本人志さんから受けた性被害による実名告発でした。

実は大塚里香さんは18歳の時にグラビアアイドルとして活動していました。

その後、12代目ミニスカポリスの一員でした。

大塚里香さんはどんな性被害を受けたのか?

週刊文春の有料記事のため詳細は書けませんが、おおまかな内容は次のとおりです。

  • 被害時期:2005年頃、大塚里香19歳の時
  • 場所:東京都内のマンションの一室
  • きっかけ:友人から誘われた
  • 被害状況:松本人志にキスを迫られた、触られそうになり抵抗、怖くて部屋から逃げた、人格否定の言葉を浴びた、等

松本人志さんを拒んだために「帰れ」と言われて、恐怖と悔しさで現場を後にしています。

大塚里香さんは怖くて深夜に母親へ「お母さん、助けて!」と電話しています。

母親は警察に被害届を出すことを提案しましたが、大塚里香さんは報復を恐れて警察に行くことはありませんでした。

大塚里香の実名告発が炎上

  • 2005年:18歳で松本人志から性被害を受ける
  • 2023年:12月27日にSNS「X」で実名告発
  • 2024年:1月24日に週刊文春に性被害の内容が掲載

初めはSNSでの告発、そして週刊文春でインタビューに答えています。

これが売名行為と炎上しているのです。

なぜ大塚里香さんが実名告発しようと思ったのか?

それは最初の告発者のA子さんに共感し、力になりたかったからです。

次の章では「売名行為」というネットの声を調査しています。

スポンサーリンク

大塚里香が売名行為と炎上ネットの声

大塚里香さんの勇気ある実名告発を売名行為と決めつけています。

「結果的に何も力になっていない」とありますが、本当にそうでしょうか?

実名告発でいよいよ逃げ場がなくなったと考えている人もいますが。

この方はご存知ないようですが、母親は警察に被害届を出した方がよいと提案しています。

実害を恐れて被害届を出さなかっただけ。

事件なら警察に被害届を」と言う人が多いように思えます。

男性が自分の上司から性被害を受けて、警察に被害届を出せるのでしょうか?

物的証拠が何もなくても信じて貰えるのか?

次の日も顔を合わせる上司、被害届を出せば会社にもバレて大事になるかも。。。

自分から誘ったと思われたらどうしよう、被害者にも心の葛藤はあると思います。

泣き寝入りが多い性被害、一方的に売名行為と決めつけるのはどうかと思います。

18年前の出来事をなぜ今更?と考える人も多いようです。

大塚里香さんは自分と同じ被害者に共感して勇気ある告白をしています。

昔の話で証拠がなくても、これだけ多くの女性が性被害を訴えていれば警察や司法も無視できません。

それとも松本人志さんが無実だと言う人達は、被害女性達が全員嘘をついていると考えているのでしょうか?

大塚里香さんは実名告発が売名行為と言われることを覚悟しています。

それはこのまま性加害者を野放しにしたくないからなのではないでしょうか?

大塚里香さんが自分の名前を売るために実名告発したと思う人がいますが、現実は逆効果なのではないでしょうか?

同感です、大塚里香さんは汚名覚悟で実名告発していると思います。

現在の取引先との関係を考えればプラスになるとは思えません。。。

要は「どっちに転んでも結果は同じ」ということですよね💦

大塚里香さんも性被害は忘れたい記憶のはずです。

勇気を持って実名告発した彼女に称賛こそあれ、売名行為とは考えられません。

今回SNSの意見を調べてみて、男女で考え方がまるで違うことがよくわかりました。

次の章では大塚里香さんが売名行為だとして炎上した原因を考えてみました。

スポンサーリンク

大塚里香の炎上の原因3選

大塚里香さんの実名告発が「売名行為だ!」と炎上した理由は次の3つではないでしょうか。

  1. 被害が18年前だった
  2. 当時の証拠がない
  3. 大塚里香のキラキラ生活

ひとつずつ説明します。

炎上原因①被害が18年前だった

残念ながら、大塚里香さんは警察への被害届を断念しました。

それはアイドルとして活躍していたため、今後の仕事に支障があると考えたからです。

これはジャニーズの性加害問題と同じ構造です。

性被害を受けても、仕事ができなくなると困る、だから被害届を出したくてもできない。

性加害者はそれをわかってやっているのです。

今回はたくさんの被害者が出てきて、大塚里香さんも力になりたいと実名報道に踏み切りました。

炎上原因②当時の証拠がない

18年前のマンションの一室で起きたことですから証拠は残っていないでしょう。

ただし、部屋を出た後に母親に電話で助けを求めていることから、文春側も取材をしています。

性被害を受けて警察へ行こうかと相談したわけですから、当然母親も鮮明に覚えています。

それは証拠にならないという人が出てきそうですが、ではこの話が全て嘘だという証拠もないわけです。

炎上原因③大塚里香のキラキラ生活

大塚里香さんは現在フードコーディネーターとして活動しています。

お寿司とワインが好きで、デコ寿司もプロ!

そしてインスタグラムでは海外へ行ったり、美味しいものを食べたりした写真をアップ。

どうやらこのキラキラ生活が炎上した一番大きな原因となっているようです。

SNSでは次のように言われています。

  • これが本当に性被害を受けてトラウマになった女性なのか?
  • 身なりも非常に下品な自称フードコーディネーター
  • お金が欲しいだけの人
  • 高級すし店で高級腕時計並べて写真撮ってそう
  • 顔のカスタマイズがエグイw

これらのネガティブなコメントを読むと、「性被害者は一生目立たずに生きていけ」と言われているような💦

また「見た目」や「お金」に関するコメントも多いですよね。

現在頑張っている大塚里香さんに「嫉妬」しているようにも感じます。

要はフードコーディネーターとして名を売るために、松本人志さんの事件を利用した!と思っている人がいるということですね。

スポンサーリンク

大塚里香が売名行為と炎上まとめ

大塚里香さんの実名告発が「売名行為」と炎上した原因について調査しました。

  1. 被害が18年前だった
  2. 当時の証拠がない
  3. 大塚里香の仕事

実名告発が名前を売るためだ!と言う人がいますが、大塚里香さんにはマイナスにしかならないと思います。

それと性被害を告白した人に「売名行為」というのは、証言を信じていない、嘘をついている、と考えている証拠。

これは「セカンドレイプ=性的二次被害」になります。

日本はまだまだこの現象が多く見受けられ、特に匿名性が高いSNSではその傾向が強いです。

最近はネットの誹謗中傷にも責任が伴い、名誉棄損として裁判で慰謝料を請求されるケースも増えていますから、言動には気を付けたいところですね。

ちなみに松本人志さんの性加害疑惑ですが、昨年から刑法が変わり時効は20年となっています。

そのため、大塚里香さんはまだ法的に被害届を出して、裁判で争うことも可能です。

» 【時系列】松本人志は不同意性交等罪で逮捕される?時効は20年で可能性ありと噂!

» 【顔画像】松本人志の後輩芸人3人は誰?実は7人で名前の一覧が流出?!

» 【なぜ?】松本人志の活動休止理由3選!裁判への集中やスポンサーの降板が原因か?

目次