MENU

【大炎上】自民党は全員逮捕がSNSトレンド入り!8人の逮捕された国会議員一覧!

スポンサーリンク

自民党のパーティー券で裏金を作っていた問題、「自民党は全員逮捕」というハッシュタグが出ました💦

現在は自民党の安倍派を中心に捜査が行われていますが、裏金作りに励んでいたのは他の派閥も同じ。

これに対して岸田総理はパーティーを止める意思はなく、「新しい派閥を作り、国民の信頼回復に努める」とポイントズレまくりで大不評

88歳のお年寄りがスーパーで卵を1パック盗んで実刑1年の判決を受けたばかり。

なぜ億単位の裏金を作った国会議員が逮捕されないのか?とSNSでは国民の怒りが爆発し「自民党は全員逮捕しろ!」という風潮になっています。

ここでは皆さんの怒りのツイートと今まで逮捕された8人の国会議員の一覧表を紹介します。

目次

スポンサーリンク

【大炎上】自民党は全員逮捕がSNSトレンド入り!

SNS「X」では「全員逮捕」がトレンド入り!

これは2023年12月29日に前法務副大臣の柿沢未途衆議院議員52歳と逮捕したことから始まりました。

柿沢議員は4月の東京都江東区長選の公職選挙法違反の疑いがかけられています。

同時に秘書4人も逮捕、久しぶりの現職国会議員の逮捕となりました。

歌手の吉幾三さんが上記の動画をポストしています。

吉幾三さん、議員に一言物申す、と題しています。

「年金5~6万でどうやって暮らすんだ!」

「政治に金がかかるのはおかしい」

「議員を減らせ」

「75歳過ぎたら議員辞めろ」などと主張しています。

「国民は我慢、政治家は怠慢、もう限界です。」という文字も見えます。

最近「東京地検特捜部がんばれ」というハッシュタグもありましたね。

今回は東京地検特捜部も本気で、かなりの人数をさいて捜査を進めていると報道されています。

自民党議員は全員逮捕!

違反者を放置すれば、腐ったままの政治は変わりません。

スポンサーリンク

【大炎上】自民党は全員逮捕・国民の怒りの声!

本当におっしゃる通りですよね。

違法行為をした人間は全員逮捕!

作戦として小物を先に捕まえて、外堀を埋める作戦と信じたいです。

国民としては小物だけ逮捕されて、大物が逃げ切るパターンが一番嫌なんですよ💦

ただ証拠集めが必要だと思うので、小物に全て白状して頂きたいですね。

2012年の安倍政権になってから、子ども食堂が激増しています。

本来ならば子供に十分な食事をさせるのは政治の役目。

ボランティアに頼っているばかりで、政府はお金を出しません。

その裏ではパーティー券販売で隠し財産を作っていたわけですから、国民の怒りも頂点ですよね。

政治ジャーナリストの田崎史郎さんは「裏金捜査の安倍派議員90人いなくなったら困る」とコメント。

すると元明石市長・元衆議院議員の泉房穂さんは「誰も困らない」とバッサリ!

これは笑ってしまいました。

パーティー券で作った裏金は各派閥で管理。

そして選挙時に買収資金として派閥から各議員へ渡されていたわけです。

これが長年の自民党のやり方なのですね。

同感です。

「盗人猛々しい」とはこのころ。

岸田派にも裏金疑惑があるわけですから、辞任するのが妥当なのではないでしょうか。

いつも「国民の信頼を取り戻す」と発言するばかりで何もしない岸田総理。。。

支持率が17%もあるなんて本当なのでしょうか?

次の章では自民党の国会議員で逮捕された8人を説明します。

スポンサーリンク

自民党は全員逮捕・8人の逮捕された国会議員一覧!

2019年より逮捕された国会議員8名は次のとおりです。

  • 2019年12月:秋元司・元内閣府副大臣(収賄容疑)
  • 2020年6月:河井克行・元法相、河井案里夫妻(公選法違反容疑)
  • 2021年1月:吉川貫盛・元農相(収賄罪)
  • 2021年6月:菅原一秀・元経産相(公選法違反罪)
  • 2021年12月:遠山清彦・元財務副大臣(貸金業法違反)
  • 2022年12月:薗浦健太郎・元外務副大臣(政治資金規正法違反罪)
  • 2023年9月:秋元真利・元外務政治官(受託収賄容疑)
  • 2023年12月:柿沢未途・前法務副大臣(公選法違反罪)

遠山清彦・元財務副大臣だけは公明党ですが、他の7人は全員自民党です。

しかも現職の国会議員を逮捕したのは10年ぶりです。

上記の国会議員は全員逮捕されて起訴されていますが、裁判での判決はまだ確定していません。

「不逮捕特権」とは?

国会議員は国会会期中には逮捕されないと、日本国憲法第50条で定められています。

これを「不逮捕特権」と言います。

不逮捕特権は次の理由で存在します。

  • 院内における言論の自由を保障する
  • 議会制度の適性を確保するため

要は国の最高峰である議員に自由で平等な発言の機会を与えるためにあります。

しかし不逮捕特権を悪用されてはたまりません💦

近年ではガーシーこと東谷義和議員がこの不逮捕特権で話題になりました。

結局国会に来なかったガーシーは、不逮捕特権はなくなり日本へ帰国と同時に逮捕されました。

現在臨時国会が終了したことから、柿沢議員の逮捕が行われたと考えられます。

そして次は2024年1月上旬、1月26日に国会が始まる前に逮捕者が出るのではないかと言われています。

スポンサーリンク

【大炎上】自民党は全員逮捕がSNSトレンド入りまとめ

「自民党は全員逮捕」がSNSトレンド入りした内容を紹介しました。

増税、増税、増税、と国民からは搾り取り、還元しないで海外にばらまく岸田政権。

パーティー券で裏金作って選挙で賄賂に使い、再当選して国会を牛耳る手法に国民は怒っています。

» 【一覧表】政治家はクズの集まりと話題!ネットで噂になった12名の炎上議員とは?

» 【画像5枚】河野太郎の居眠りの言い訳がスゴイ!居眠り太郎のあだ名で炎上!

» 【2023年】太った芸能人11選!比較画像で衝撃&ネットの評判を調査!

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次