MENU

羽田空港JALと海上保安庁の飛行機事故の原因は?人為的ミスの可能性が大きいと噂!

スポンサーリンク

2024年1月2日、羽田空港でJALと海上保安庁の飛行機が衝突し大事故となりました。

JALの乗客と乗務員379人は全員無事脱出。

海上保安庁の飛行機の機長は脱出しましたが重症、残りの5名は全員遺体で発見されています。

JALの機体は全てが炎に包まれて全焼。

全員が避難できたのは奇跡です。

それにしてもこんな大きな飛行機事故は世界でも類をみません。

なぜ羽田空港で飛行機事故が起こってしまったのか?調べてみました。

目次

スポンサーリンク

羽田空港JALと海上保安庁の飛行機事故

2024年1月2日夕方6時ごろ、新千歳空港から羽田空港に向かっていたJAL516便と、海上保安庁の飛行機が衝突しました。

JAL機は着陸後、炎を上げながら滑走路をはしっている姿が目撃されています。

こちらは乗客が撮影した3秒の動画です。

本当に全員無事脱出できて良かったです。

しかし、自分が乗っている飛行機が炎に包まれている状況で、皆さん冷静に避難できたのは素晴らしいですね。

JALも普段の訓練のたまものではないでしょうか。

日航機の機体が2日、羽田空港で炎上した。午後6時前に炎を上げながら滑走路を走る機体が目撃されている。新千歳空港を2日午後4時に出発し、午後5時40分に羽田空港に到着する予定だった日本航空516便のエアバスA350型機。客室から窓の外へ激しく赤い炎が飛び出し、消防車70台以上が出動、懸命な消火活動を行っている。

©スポニチ

衝突した海上保安庁の飛行機は前日の能登半島地震の被災地へ物資を届けるため新潟へ向かうところでした。

2024年1月1日の能登半島大地震、翌日には羽田空港の飛行機事故。

新年早々、本当に怖いことばかりですよね💦

次の章ではなぜ飛行機事故が起こってしまったのか?原因を調べてみました。

スポンサーリンク

羽田空港の飛行機事故の原因は人為的ミス?

©TBS

羽田空港の飛行機事故が起こった原因は何なのか?

通常、空港の滑走路に2機の飛行機が侵入することはあり得ないそうです。

飛行機が到着後、滑走路から離脱するするまでは、他の飛行機は滑走路に侵入できない決まりとなっています。

しかし今回はJAL機の着陸時に海上保安庁の飛行機が滑走路にいたため大惨事となりました。

このことから、羽田空港の飛行機事故の原因は次の2つが考えられます。

  • 管制塔の指示が間違っていた
  • 飛行機の機長が指示を聞き間違えた

事故が起こった時の天気は良かったので、悪天候で視界が悪かったということもありません。

また飛行機に異常があれば管制塔へ連絡がいくため、報道されていてもおかしくないはずなのです。

海上保安庁の飛行機が滑走路にいたところに、着陸しようとしたJAL機が衝突したという情報があります。

そのため火を噴いて滑走路を走っていたのですね、怖い。。。

上記のJAL機の先頭部分がへこんでいるのが画像からわかりますね。

やはり着陸した時に海保機に頭からぶつかった証拠でしょう。

衝突された海上保安庁の機体は小さいですから、ひとたまりもありません💦

滑走路に2つの飛行機が侵入することは、事故を防ぐためにあり得ない状況なのです。

残念ですが、羽田空港の飛行機事故は人為的ミスが原因と言わざるを得ないですね。

【追記】事故の原因は管制官のミスか?

羽田空港で起った飛行機事故の原因について続報が入っています。

■元日本航空機長塚原利夫さん
「離陸しようとした保安庁の飛行機に日本航空の飛行機が後ろから突っ込んだということも考えられる。何が問題かというとまだ飛行機が離陸していないのに着陸許可を出したのかもしれませんね管制官が。
パイロットのほうは目の前には何もいないよねというつもりでいきますから、目の前に海上保安庁の飛行機が止まっていることがみえていなかったのかもしれません」

©テレビ朝日報道局

まだ確定されていませんが、管制官のミスがの可能性が出てきました。

飛行機の機長たちは滑走路に自分達以外の飛行機がいることを想定していません。

もちろん目の前に入れば見えますが、着陸態勢に入ったJAL機が徐行して滑走路に入ろうとしていた保安庁の飛行機に接触したことも考えられます。

【追記】海保機の聞き間違いの可能性?

上記のSNS情報によりますと、管制塔からの指示が次のようになります。

  • JAL機は34Rへの着陸許可が出ていた
  • 海保機JA722AにはC-5で待機を指示していた

これが本当ならば機長の聞き取りミスということになります。

本来ならばブラックボックスからの通信記録で確認できるのですが、どちらの飛行機も全焼💦

無事ブラックボックスが回収できるかどうかが、事故原因の鍵となりそうですね。

スポンサーリンク

過去の飛行機事故

今回の羽田空港の飛行機事故は世界でも類を見ない大惨事。

世界で起った飛行機事故が気になったので調べてみました。

  • 2023年1月15日:ネパールのポカラ空港で着陸進入中に墜落、72人全員が死亡
  • 2022年11月18日:ペルー離陸滑走中の飛行機に消防車が追突炎上、2名死亡
  • 2022年11月12日:ダラス航空ショーで2機が空中衝突し墜落・炎上、6人全員死亡
  • 2022年11月6日:タンザニアで着陸時に湖に墜落、19人が死亡
  • 2022年10月23日:大韓空港がフィリピンのセブ島空港で滑走路をオーバーラン、死亡者無し
  • 2022年3月21日:中国東方航空、突如降下して墜落、132人全員死亡

近年の飛行機事故で、個人の飛行機は含んでいません。

死亡者が一番多かったのは最後の中国東方空港の事故ですね。

日本で過去最悪の犠牲者は1985年に起こった日航機ジャンボの墜落で520人が亡くなった事故です。

海外でも1977年3月27日にスペインのカナリア諸島テネリフェ島で2機の飛行機が衝突し、583人の乗客が亡くなっています。

今回の羽田空港の飛行機事故でJALの乗客と乗務員は全員脱出、奇跡としかいいようがありません。

スポンサーリンク

羽田空港JALと海上保安庁の飛行機事故の原因まとめ

2024年1月2日起こった、羽田空港のJALと海上保安庁の飛行機事故の原因を調べました。

事故の原因は人為的ミスと思われます。

  • 管制塔の指示が間違っていた
  • 飛行機の機長が指示を聞き間違えた

JALの乗客と乗務員は全員脱出しましたが、海上保安庁機は機長だけ脱出し残りの5人の救助活動が続いています。

写真は事故にあった固定翼機みずなぎ、緊急物資を運ぶための小さな飛行機なのがわかります。

5人の安否はまだわかっていませんが、現在も消火活動が行われています。

新しい情報が入り次第追記します。

【追記】海保機長は重体、5人死亡

海上保安庁の飛行機には6人が乗っていて、機長は脱出しましたが重症。

乗員5名が遺体で見つかったという情報が入りました。

警視庁によりますと、海上保安庁の航空機に乗っていた乗員6人のうち、5人が機内から発見され救出されましたが、死亡が確認されました。

©TBS NEWS

海上保安庁5人の職員のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

【速報ニュース】海保機に侵入許可の記録なし!

2023年1月3日の時事通信社ニュースによると、国土交通省は3日「管制官と日航機や海保機との交信記録を公表」と伝えています。

その結果、管制官は日航機に着陸を許可、海保機には滑走路手前の停止位置までの走行を支持。

つまり、海保機への滑走路への侵入許可は出していないことがわかりました。。。

しかし海保機の機長は「許可を得たうえで滑走路に侵入した」と報告しています。

交信記録との食い違いが起こっているため、回収したボイスレコーダーで経緯を調査中です。

» 【顔画像】宮本元気パイロットのwiki経歴!神戸出身で海保大卒の主任飛行士!

» JALの機長&CAが凄いと絶賛!90秒ルール&魔の11分を乗り越えて全員無事の奇跡!

» 【顔画像】安住紳一郎の嫁・西島まどかの現在!経歴と引退理由を調査してみた!

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次